会社概要

丹波ワイン株式会社

日本、京都の食文化に合うワイン造り

日本酒造から始まったワイン造り

京都丹波で現在のワイナリーから車で10分ほど走った白壁の趣のある日本酒蔵をお借りし、ワインを仕込み始めました。
赤ワインも清酒用のタンクで櫂入れをし、果帽をワイン中へ押し込んでいきます。
酒蔵の長年住み着いた麹や酵母もワインに良い影響を与えたのかもしれません。時折、お客様から「日本酒のニュアンスがある」と言われたりします。
1979年の創業です。

日本酒造から始まったワイン造り

熱い想いの同士が集まった

熱い想いの同士が集まった 熱い想いの同士が集まった

当時照明器具メーカー(クロイ電機株式会社)社長であり食通でもあった創業者の黒井哲夫が、海外で駅のホームやカフェで気軽に愉しめるワインのおいしさに驚き、そのワインを日本へ持ち帰りました。しかし、海外で味わった美味しいワインも日本で味わうと何かが違う…。
食事と合わせても美味しく感じない…。
ワインの美味しさは人や言葉、気候、料理などによって自然に形成されてできあがるものだと気づきました。

それならいっそのこと普段食べている食事に合うワインを作ろうと、今まで勤めてきた会社を辞め、私財をなげうって自ら日本、京都の食文化に合うワイン造りを目指しました。丹波で生食用葡萄農家経営者であった 山崎高明と黒井哲夫2人が中心となって設立。醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場に勤務していた大川勝彦が参画し、丹波ワインが誕生しました。
当初は丹波の山崎氏が経営する葡萄園から産する生食用葡萄(デラウェア、マスカットベイリーA等)を使ってワイン仕込みを行いましたが、年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用の葡萄の栽培を丹波の自園で手がけるようになりました。

世界のワインコンテストで受賞

1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストのモンデセレクションのワイン部門にて金賞を受賞し、その後6年連続で金賞を受賞し続けました。
日本の和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に認められた瞬間です。
その後、2004年に開催されたジャパン ワインチャレンジでシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続チャレンジインターナショナルデュヴァンで銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。

世界のワインコンテストで受賞

会社沿革

1968年4月1日 関連会社農園開発

1979年4月17日 丹波ワイン株式会社設立

1979年6月15日 丹波町富田の酒蔵を借りて試験免許でワイン醸造

1981年4月1日 本免許醸造開始

1986年 本社工場を現住所に移転

1997年 ワイナリーショップの丹波ワインハウス事業(株)を設立

受賞履歴

2010
JapanWineChallenge2010 入賞 -丹波鳥居野CabernetSauvignon&Merlot2007
2010
JapanWineChallenge2010 銅賞受賞 - JapanWineChallenge2010 銅賞受賞
2009
JAPAN WINE COMPETITION 奨励賞受賞
- 丹波鳥居野カベルネソーヴィニヨン&メルロー 2006
2009
JAPAN WINE COMPETITION 銅賞受賞 - 丹波鳥居野ピノブラン 2007
2008
JAPAN WINE COMPETITION 奨励賞受賞 - 丹波鳥居野ピノブラン 2007
2008
Chardonnay du Monde 銅賞受賞 - 丹波鳥居野シャルドネ2006
2007
Chardonnay du Monde 銅賞受賞 - 丹波シャルドネ2004
2007
International Wine Competition 2007 銀賞受賞 - Joshuhaku、KoshuNigori
2007
Japan Wine Challenge 2007 Seal of Approval受賞
- 丹波カベルネソーヴィニヨン&メルロー2004、丹波ピノノワール 2005
1983~1988
MONDE SELECTION 金賞受賞 - 鳥居野、丹波ホック、丹波クラーレット

関連会社

丹波ワインハウス事業株式会社

  • 622-0231
    京都府船井郡京丹波町豊田千原83
  • Tel.0771-82-2003

クロイ電機株式会社