京丹波の自然とともに育む丹波ワイン

カートを見る

自然感環への取り組み

「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」

ワイナリーとしての取り組み

環境方針に基づき、計画の立案(Plan)、実施及び運用(Do)、点検及び是正措置(Check)、見直し
(Action)、のサイクルを維持するシステムを確立し、継続的改善を実施しています。

農園では除草剤を一切使わない草生栽培

薙刀芽という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制します。草刈り機などの使用回数も減らしています。

葡萄の搾りかす
ワインの澱
公募
堆肥として再生

1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土へと変わります。
また、一部は牛や豚への飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。

20?25度に保たれる構造

向上壁面は4重構造になっており、空調を行わずして年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃になるようになっています。

保温ジャケットで温度変化を防ぐ

ワインの温度変化を極力少なくするため、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。

ゴミの分別リサイクルの徹底

事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用ケースで搬送し、ダンボールを使用しません。

原料費削減2つの取組み

ワインボトルの50%で軽量ビンを使用→原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減
輸送用のダンボールにB段を使用→原料を低減しています

破砕圧搾コルクを70%以上使用する2つの理由

1. 天然コルク品質の低下 2. ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクの増加
破砕圧搾コルク

丹波ワインをもっと知ろう