ピノ・ブラン

【ピノ・ブランとは?】

フランスアルザス地方やお隣ドイツ、イタリアなどで栽培が盛んな白ワイン用品種のピノ・ブラン。
アルザスではリースリングの影に隠れて少し地味な存在ですが、セパージュワイン(品種表示ワイン)の1つとしてスティルワインからヴァン・ムスーやクレマン・ダルザスなどスパークリングワインなど実に様々なタイプのワインになっています。
お隣ドイツではヴァイス・ブルグンダー、クレブナー、イタリアではピノ・ビアンコなど色々な呼ばれ方をされる品種の1つです。

元々はピノ・グリ同様、赤ワイン用品種のピノ・ノワールから変異した品種とされ、小粒で房が松かさのようなのでピノ(フランス語で松を意味する)と呼ばれ、赤品種は黒色になるのでノワール(黒)、白品種はグリ(灰)、ブラン(白)と果皮の色でそれぞれ呼ばれています。

【ピノ・ブランを使ったワインは?】

シャルドネやソーヴィニヨン・ブランほど品種の個性が全面で出てくる品種ではありませんが、甘口から辛口、スパークリングと様々なワインに変化する万能選手、比較的穏やかな料理との相性が非常に良いです。
フランスアルザスでは郷土料理のシュークルートと一緒に、辛口の白ワインとしてリースリングなどと肩を並べてデイリーワインの1として楽しまれています。

【日本のピノ・ブランは?】

そんなピノ・ブラン、日本では寒冷地である北海道や山形で栽培が行われていますが、京都丹波でも30年近く栽培し続けています。特に寒冷地である東北や北海道ではドイツ系品種の栽培が盛んです。が、温暖な西日本での栽培は非常に少なく、東北・北海道のピノ・ブランとは少し異なったキャラクターになるのが特徴です。
インパクトや個性はおだやかですが、しみじみと料理に寄り添うワインとして丹波ワインでは創業の頃からこの品種に取り組んできました

【京都丹波のピノ・ブランは?】

1980年代にドイツのガイゼンハイム研究所を通じて苗木を導入しました。
当初はまだ丹波の風土に合った品種が定まっていなかったので、ショイレーベ、オスティナー、ルーレンダーなどドイツ系の品種を多く栽培していました。
中でもピノ・ブランやピノ・ノワールなどが丹波の気候風土でも比較的房を付けはじめたので、1980年代後半に本格的にPピノ・ブランとピノ・ノワールなどの栽培を始めることにしました。

現在、京都丹波の自社農園に植栽面積約50a、約1000本のピノ・ブランを栽培しています。
一部を雨よけ施設を行っていますが、大半が露地栽培でなので毎年病害虫との戦いが苦労点です。
収穫時期は比較的早めで、8月の後半から9月上旬には全量を収穫します。
毎年収穫祭などで皆様にお手伝い頂いている品種がこのピノ・ブランの場合が多いです。(年によってはシャルドネ)
一部を京丹後市でワイン用ぶどうの栽培を行っている藤原さんにお願いしてピノ・ブランも栽培し始めてもらっています。

丹波鳥居野ピノ・ブラン

丹波ワインでは100%ピノ・ブランだけを使った樽発酵、樽熟成、シュール・リーで造ったピノ・ブラン シュール・リーと、一部にショイレーベをブレンドするピノ・ブランの2タイプを醸造しています。
シュール・リーは辛口タイプで、シュール・リーを行って辛口ながらふくよかな味わいに仕上げています。
一方、ショイレーベをブレンドするピノ・ブランは樽を使わずに少し糖度を残した仕上げにしていますので、京料理を代表する少し甘みを感じるお出汁や野菜の炊合せなどとの相性が抜群です。

【オススメ 丹波鳥居野ピノ・ブラン】

・丹波鳥居野ピノ・ブラン シュール・リー 2015年 750ml 3500円(税別)
http://www.tambawine.com/fs/tambawine/pb/pb15
アフターに感じる苦みがアクセントになっていて心地よいミディアムタイプの辛口。スモークサーモンや新鮮な魚貝のカルパッチョなどと。

・丹波鳥居野ピノ・ブラン 2015年 750ml 3000円(税別)
http://www.tambawine.com/fs/tambawine/pb/wb15
シンプルであるが故に食事との相性が期待できるミディアムボディの白ワイン。たけのこの天麩羅や白身魚のマリネ、ジャガイモの千切り炒めなど、和洋折衷、料理のジャンルを選ばない1本。

・丹波鳥居野ピノ・ブラン 2014年 750ml 3000円(税別)
http://www.tambawine.com/fs/tambawine/pb/wb14
魚介料理にはもちろん、カツオ昆布出汁をきかせた少し甘みのある椀物や、ほどよい苦みを感じる春の山菜の天ぷらなどと良くあう。

文:黒井
————–
webサイト
オンラインショップ
レストランduTambaサイト
Facebookサイト


丹波ワイン 公式ホームページ
URL: http://www.tambawine.co.jp/
オンラインショッピング
URL: http://www.tambawine.com/
ワイナリーレストランduTamba
URL: http://www.tambawine.co.jp/dutamba/
Facebookサイト
URL: https://www.facebook.com/kyototambawine