北海道壮瞥圃場、3年目

2020年はすでに西日本中心に降水量が平年を超えているところも多く、果樹の生育に大きな影響がありそうです。
夏野菜もすでに不作で高くなりつつあるとか。

北海道壮瞥町の試験圃場のぶどうの木々も順調に生育しています。
2019年度は降水量も少なく、果樹全般に非常に良い年になりました。


さて、壮瞥の農園もようやく開花・結実が進んでいます。
京都丹波と比べると1ヶ月ほど遅い生育。
ゲヴュルツトラミネールも小さな花を咲かせ、結実し始めました。

さらにbigニュース!
今年の7月より、北海道壮瞥町の地域おこし協力隊として籠嶋さんがぶどう栽培に協力していただくことになりました。
籠嶋さんのblogはこちら
これから徐々に、ワイン造りの楽しさを味わっていただきたいと思います。