丹波ワイン公式オンラインショップ 和食に合わせて

カートを見る

丹波ワイン公式オンラインショップ > ぶどうの品種から探す > 甲州

甲州

甲州の魅力

日本を代表するぶどう品種の1つ、「甲州」。
産地が品種名になっているので山梨県産が多い品種ですが大阪でも昔から栽培されていて、最近では九州や果てはドイツでも栽培されはじめている品種です。
日本の各ワイナリーでも甲州種に注力し、日本料理とともに和食に合うワインとして海外でもコンテストで入賞したりと評価が上がってきています。2010年には日本固有のぶどうとして初めて国際ぶどう・ぶどう酒機構(OIV)に品種登録され、ワインラベルに「Koshu」と記載してEUへ輸出することが可能となりました。

甲州種の特徴

長らく日本原産の固有品種と思われていたため、生食用として栽培が盛んでしたが、近年ワイン用品種ヴィニフェラ系との交配品種ということが判明し、ワイン用として栽培が盛んになってきています。
淡いピンクや藤色など独特の果皮の色合いがあり、酸味が穏やかでニュートラルな味わいが和食と相性が良いということで、和食文化とともに世界的な認知もじわじわと広がりつつあります。醸造方法もワイナリーによって色んなタイプがあり、果皮に含まれる旨味成分や香りを抽出するために、スキンコンタクトや醸しなどや樽発酵、シュール・リーなどを行っているところも多くなっています。以前は甘口ワインに仕上げるワイナリーも多かったのですが、醸造技術の進歩とともにきれいな辛口ワインが増えつつあります。

丹波ワインの甲州

丹波ワインでは山梨県から甲州種を仕入れ、素直でシンプルな造りを意識しています。シャルドネやソーヴィニヨン・ブランほど力強さがないものの、品種の特徴である穏やかなエレガントさと酸味を活かし、料理に寄り添うような味わいが特徴です。
甲州を使ったワインは1980年代からありましたが、セパージュ名を全面に打ち出した商品化は2007年。その後も入荷するぶどうの安定した収量や品質が確保できなかったため、発売しない年もありましたが、2016年からは甲州種を使い、商品化しています。

現在では無濾過のスティルタイプとクリアなスパークリングの2タイプを「和食に合う甲州ワイン」としてリリース中です。山梨の甲州とは違ったい味わいの甲州。
是非一度お試しください。

2 件中 1-2 件表示 

甲州スパークリング  2017 750ml

甲州スパークリング 2017 750ml

1,800円(+税:144円)

リコルク可能なZORK栓使用

フレッシュで爽やかな柑橘系の香りと果実味、酸味があり、全体を上品な苦味で引きしめています。ほのかな甘味のバランスがとても良く、口中に果実香の余韻がたなびきます。食前から食中まで幅広く料理と一緒にお楽しみ頂けます。

数量
詳しく見る

無濾過甲州

無濾過甲州 2017 720ml

1,500円(+税:120円)

甲州種を使用しています。最終濾過せずボトリングし、ぶどう本来の果実感やふくよかさを持たせています。酸味と果実味のバランス良く、かすかな苦みが全体を引き締めています。はものエスカベッシュやスズキのマリネ、茄子の揚げ浸しなどと良くあいます。

数量
詳しく見る


2 件中 1-2 件表示