丹波ワイン公式オンラインショップ 和食に合わせて

カートを見る

丹波ワイン公式オンラインショップ > ぶどうの品種から探す > ピノ・ブラン

ピノ・ブラン

ピノ・ブランとは?

出来立てのワインは控えめですが、熟成とともにその真価を発揮してくるシャルドネ種。
その奥深さに魅了されて製造しているワイナリーは世界各国にあります。
丹波でのシャルドネは小粒で収量性や生産量は決して多くはありませんが、凝縮感と繊細な酸味のバランスが特徴です。
特に樽との相性は抜群で、樽発酵、樽熟成、シュール・リーを行うことにより、奥深さと料理でいう「旨味」が生まれます。

ピノ・ブランを使ったワインは?

シャルドネやソーヴィニヨン・ブランほど品種の個性が全面で出てくる品種ではありませんが、甘口から辛口、スパークリングと様々なワインに変化する万能選手、比較的穏やかな料理との相性が非常に良いです。
フランスアルザスでは郷土料理のシュークルートと一緒に、辛口の白ワインとしてリースリングなどと肩を並べてデイリーワインの1として楽しまれています。

日本のピノ・ブランは?

そんなピノ・ブラン、日本では寒冷地である北海道や山形で栽培が行われていますが、京都丹波でも30年近く栽培し続けています。特に寒冷地である東北や北海道ではドイツ系品種の栽培が盛んです。が、温暖な西日本での栽培は非常に少なく、東北・北海道のピノ・ブランとは少し異なったキャラクターになるのが特徴です。
インパクトや個性はおだやかですが、しみじみと料理に寄り添うワインとして丹波ワインでは創業の頃からこの品種に取り組んできました。

ピノ・ブラン

京都丹波のピノ・ブランは?

1980年代にドイツのガイゼンハイム研究所を通じて苗木を導入しました。当初はまだ丹波の風土に合った品種が定まっていなかったので、ショイレーベ、オスティナー、ルーレンダーなどドイツ系の品種を多く栽培していました。中でもピノ・ブランやピノ・ノワールなどが丹波の気候風土でも比較的房を付けはじめたので、1980年代後半に本格的にPピノ・ブランとピノ・ノワールなどの栽培を始めることにしました。

現在、京都丹波の自社農園に植栽面積約50a、約1000本のピノ・ブランを栽培しています。一部を雨よけ施設を行っていますが、大半が露地栽培でなので毎年病害虫との戦いが苦労点です。収穫時期は比較的早めで、8月の後半から9月上旬には全量を収穫します。毎年収穫祭などで皆様にお手伝い頂いている品種がこのピノ・ブランの場合が多いです。(年によってはシャルドネ)
一部を京丹後市でワイン用ぶどうの栽培を行っている藤原さんにお願いしてピノ・ブランも栽培し始めてもらっています。

6 件中 1-6 件表示 

丹波鳥居野PinotBlancSurLie2015

丹波鳥居野ピノ・ブラン シュール・リー 2015

3,500円(+税:280円)

日本料理を特に意識して作りました。自社農園産のピノブランを100%使用し、樽で仕込みシュール・リー(澱の上)で熟成させました。日本ではあまり栽培されていない品種です。 穏やかな酸味と洗練された味わいが京料理を中心とした和食にマッチします。

数量
詳しく見る

丹波鳥居野ピノ・ブラン シュール・リー 2016

丹波鳥居野ピノ・ブラン シュール・リー 2016

3,500円(+税:280円)

日本料理を特に意識して作りました。自社農園産のピノブランを100%使用し、樽で仕込みシュール・リー(澱の上)で熟成させました。日本ではあまり栽培されていない品種です。 穏やかな酸味と洗練された味わいが京料理を中心とした和食にマッチします。

数量
詳しく見る

丹波鳥居野ピノ・ブラン 2013

丹波鳥居野ピノ・ブラン 2013

3,000円(+税:240円)

丹波鳥居野産のピノブランとショイレーベを使用。フローラルで華やかなアロマと優しいフルーツの香りが特徴。フレッシュで生き生きとした酸が、シャープな輪郭を作り出している。果実味は強めで、優しい甘みの中口。柔らかくフレッシュ&フルーティな、ドイツワインタイプの一本。甘みを持つ和の総菜や、スパイシーな料理全般にも良い。

数量
詳しく見る

丹波鳥居野ピノ・ブラン

丹波鳥居野ピノ・ブラン 2016

3,000円(+税:240円)

丹波鳥居野産のピノブランとショイレーベを使用しました。フローラルで華やかなアロマと優しいフルーツの香りが特徴です。フレッシュで生き生きとした酸が、シャープな輪郭を作り出しています。果実味は強めで、優しい甘みの中口。柔らかくフレッシュ&フルーティな、ドイツワインタイプの一本。甘みを持つ和の総菜や、スパイシーな料理全般にも相性が良いです。

数量
詳しく見る

丹波鳥居野PinotBlanc2015

丹波鳥居野ピノ・ブラン 2015

3,000円(+税:240円)

丹波鳥居野産のピノブランとショイレーベを使用。フローラルで華やかなアロマと優しいフルーツの香りが特徴。フレッシュで生き生きとした酸が、シャープな輪郭を作り出している。果実味は強めで、優しい甘みの中口。柔らかくフレッシュ&フルーティな、ドイツワインタイプの一本。甘みを持つ和の総菜や、スパイシーな料理全般にも良い。

数量
詳しく見る

京丹後産ピノ・ブラン シュール・リー

京丹後産ピノ・ブラン シュール・リー 2016 720ml

2,500円(+税:200円)

京都丹後の藤原氏が栽培したピノ・ブランを使用し、搾汁後オーク樽で発酵させ8ヶ月の樽熟成、シュール・リーの後瓶詰しました。上品な樽香とメロンやリンゴを連想させる香り、キレのある酸味や丸みを帯びた果実味を備えています。ワインの旨味を残すため濾過などの処理を最小限にしていますので、にごりが生じる場合がございます。

数量
詳しく見る


6 件中 1-6 件表示