食いしん坊通信 vol.43 ~燻してみました! ~

 長年の「燻したい願望」を実現すべく、レストランの山崎シェフと一緒にさっそく「燻製実験」を決行しました。
燻製は二人とも初体験、今回は15度~30度の低温で燻す「チーズの冷燻」に挑戦!

山崎お手製、丹波ワインのダンボールで作った手作りの燻製器です。スモークウッド(燻製を作る時に煙を出すための木材で、燻煙材の1種)は、「ヒッコリー」を使いました。欧米では最も一般的な燻煙材で、クルミに似た香りが特徴です。
dekiagari.jpg
kunnsei cheese
燻すこと約3時間・・・。
フタを開けたくなる誘惑と戦い、やっとご開帳! きれいなきつね色でとってもいい香り!
早速、味見です。チーズのまろやかさと香ばしい香りが口の中で解け合っていい感じ。なかなかの出来ばえです!何よりも楽しい!他にもいろんなものを試したくなりました。
自分で一手間加えたものと市販のものでは、味わいはもちろん、満足感が全然違いますね。作る過程、待つ時間のワクワク感も含めて、全てが「おいしい!」につながります。
ワイナリーで燻製づくりが体験できる  「燻製ワークショップ」 は6月25日(土)開催予定です。軽めのソフトスモークを体験していただき、出来たてを相性抜群のワインと一緒にお召し上がりいただきます。自家製ベーコンのおみやげ付きです!
詳細は近日、ブログにアップしますね。
(文責:オカダ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。