1

京都青谷梅わいん

梅の産地として有名な城陽市の南部丘陵地に広がる京都府最大の梅林で、鎌倉末期には後醍醐天皇の皇子、宗良(むねなが)親王の歌に「風かよふ綴喜の里の梅が香を空にへだつる中垣ぞなき」と詠まれていたそうです。早春には約1万本の白梅の花が咲き、甘酸っぱい青梅の香りに包まれます。
梅の木は約1万本あり、毎年2月後半から3月上旬にかけて梅まつりが開催されます。約1ヘクタールの梅林が一般開放され、梅の花の下で屋台などが出店されて一足早い花見が楽しめます。
その京都でしか栽培されていない梅、城州白梅を使ったスパークリングワインです。
梅酒と比べて梅本来の酸味がキレイに含まれるのが特徴です。

梅わいんとは?

京都青谷城州白梅

厳選された京都青谷産の梅を使用したワイン。梅と上白糖を漬け込むことにより梅シロップを作り、水を加えて希釈し、ワイン酵母で発酵させる梅ワインです。
完熟すると杏のような大きさと甘みが出てきて、皮の色が黄色からオレンジ色に染まってきます。この梅の品種はワインとしての熟成にも向いており、酸味がまろやかになり、果実味に深みがでてくるのが特徴です。

相性の良い料理

山菜の天ぷらや白身魚のフリッター、サーモンのお造りなど少し油脂分のある料理に非常によく合います。少し甘みのある後味と軽快な酸味で洗い流してくれるので、中華料理などとも相性バツグンです。是非お試しください。

並び替え
3件中 1-3件表示
並び替え
3件中 1-3件表示